歯の白さを取り戻す

大きく口をあけ治療中

歯医者というと昔は、大人でも子供でも怖がられる科目でした。
キーンと響く機械音に怖さを感じて、それだけで痛みを感じるからどうしても遠ざけてしまうのが歯科であることが多かったのです。
しかしここ最近の歯科医療福祉関連では、この歯の治療の傷みを無くすために麻酔技術が大きく発展し痛くない歯の治療が主流を占めてきました。
これは自治体の歯の健康診断でも2歳から6歳までの乳児・児童に怖くないことと治療でも痛くないことを教示できる体制も含めてできるようになったからこその成果です。
歯医者さんは今治療を求める人から予防方法を相談される時代に移り変わってきています。
小さい時から歯の予防ができているからこそ大人になっても治療しなくて済む時代に移り変わってきています。

これだけ最近の歯の治療面が発展してきたおかげで予防面に目を向ける歯医者さん、自治体の医療福祉関係部署が各種相談窓口を設けています。
特に歯の予防方法は、虫歯になる前に歯にコーティングする技術と薬効成分の発展、そしてなにより歯を守るための歯磨きの方法を説明する機会を一般の人(子供、高齢者含む)に広めているのです。
歯磨きは、毎食毎に行うことが主流ですが、食後30分をおいてから行うことが良いなど専門的知識を教えていくことも大切にしているのです。
また歯の綺麗さを保ちたい若い世代(特に女性向け)に歯のホワイトニングを進める歯医者さんもいます。
今後は、歯の予防医学全般が進んで行く流れになり、将来は入れ歯無しで過ごせるようにしていく方向にされていきます。