前歯の治療

マスクした医師の顔

医療福祉をという言葉がさけばれるようにずいぶん時間が経過したように感じる。医療福祉はな医療の面からと生活の面から見る新たな試みである。
そこに歯を入れている。歯は人間や動物にとってかなり重要なものだ。
それは直接「食」につながるからである。食べなければ動物は生きていけない。
しかし、食べることで歯の健康を害することもある。歯の健康を考えるならば、やはり医療の面と生活の面で改善していくしかないであろう。
医療の面に関しては技術がこれからも上がり続けていくだろう。それに伴い良い結果がでるようになると思われる。
生活の面に関しては、歯の健康を重視して、食生活から普段の生活まで整える必要がでてくるだろう。そうすれば、歯というものの健康が保てるのである。

健康ばかりを重視して、生活が苦しくなったり、食がおかしくなったりしてはいけない。それでは本末転倒である。
歯とはデリケートなものだが、意外に丈夫なものでもある。そして使っていくことと、食生活により、丈夫にもなり壊れたり抜けたり、虫歯にもなる。
簡単にいえば、お手入れを十分にすることが大事なのである。歯磨きもしすぎては歯を痛めているだけになる。
歯磨きしなさすぎては虫歯になる。その兼ね合いを十分に理解していくことが重要になってくる。
また、重要なのは、唾液を十分にだすことである。今は、あまり咀嚼せずに食べれるものが多くあり、唾液が出ずらくなっている。
唾液とは噛めば噛むほどでるものである。なので、医療福祉の面から考えた歯の健康は、生活習慣と食生活が重要になってくると思われる。